【カルチャー好き必見】2019年に絶対行きたい韓国の音楽フェス3選!

2019年、明けましておめでとうございます!お正月の休みを利用して、今年やりたいことリストを作っている人も多いのではないでしょうか?

今回は、2019年に注目すべき韓国開催のフェスをまとめてみました!

この記事を読むべき人
・そもそもK-POP好き
・韓国HIPHOPが好き
・日本のCITY POP系アーティストが好き
・カルチャーイベントが好き
・韓国のインディーズ音楽に興味がある

海外フェスに参戦となると、国内フェスのように思いついたらすぐ参戦!というわけにもいきません。航空券の手配など含めて事前準備が大事になってきます。

最初に言っておくと、ご紹介するイベントにはBIG BANG、少女時代、EXO、BTS・・・といったK-POPの大御所アーティストは出ません!

しかし、カルチャーをベースとした各イベントのコンセプトにあったアーティストをたくさん呼んでおり、クールな韓国音楽のシャワーを思う存分浴びることができるんです。

年末年始のこの時期にしっかりと予定をチェックして、日程を確保しておくのがオススメです!

 

1|GREENPLUGGED FESTIVAL

2010年から毎年開催されているGREENPLUGGED FESTIVAL(グリーンプラグド・フェスティバル)。韓国語表記は그린플러그드 페스티벌。ソウル、慶州(キョンジュ)、東海(トンへ)の3拠点で開催されます。ジャンルはロックからアコースティック、ジャズ、ヒップホップと幅広く、インディーズとして有名なアーティストや、昔から根強いファンを持つバンドの出演が多くなっています。

イベントのコンセプトは、「道徳的なアイデアと謙虚な行動が良い明日を作る」。特に環境問題に対する意識づけを目的の一つとして、来場者に考えさせるきっかけを提供しています。

韓国のアーティストのみならず、日本、中国、欧米諸国からもおしゃれなバンドが集結する、個人的にかなりオススメのフェスです。

2018年は、日本デビューを控えサマソニにも出演実績のあるZion.Tや、韓国インディーズミュージシャンと言えばこのグループ、と言っても過言ではないStandding Egg。日本からはなんと、日本を代表するアーバンでシティポップなLUCKYTAPESYogee New Wavesが出演しています。

ソウル・・・ナンジ漢江公園にて5月下旬に開催。

慶州・・・隍城(ファンソン)公園にて9月中旬に開催。

東海・・・望祥(マンサン)海水浴場にて7月下旬に開催。

2019年の日程はまだ発表されていませんが、詳しい日程は、公式HPFacebookから確認することができます。

スケジュール
1/7 : ブラインドチケット発売開始
2/11 : LINE UP 第1弾発表、一般チケット発売開始
3/11 : LINE UP 第2弾発表
4/15 : LINE UP 最終発表

私も昨年ソウルのフェスに参加したのですが、5月で天気の良い中、まさに「グリーン」を感じさせるチルな音楽を楽しむことができました!

関連記事もぜひチェックしてみてください。

>> ソウルの春を代表するフェス「GREENPLUGGED SEOUL 2018」とは?!



2|SEOUL JAZZ FESTIVAL

第13回目となるソウル・ジャズフェスティバル2019年5月25日〜26日の2日間に渡って、オリンピックパークで開催されます。

(引用:http://www.seouljazz.co.kr)

去年2018年の出演アーティストはこちらです↓

ジャズと言いつつ、CrushEpik HighといったHIPHOP要素の強いアーティストから、ヒョゴなどのバンドまで出演しています。

5月19日(土)
The Soul Rebels(アメリカ)、Gretchen Parlato(アメリカ)、Iron & Wine(アメリカ)、Chris Botti(アメリカ)、Ms.Lauryn Hill(アメリカ)、Dear Jazz Orchestra(韓国)、クォン・ジナ(韓国)、クァク・ジノン(韓国)、ジョン・パク(韓国)、Maceo Parker(アメリカ)、チョン・セウン(韓国)、イ・ハイ(韓国)、Loyle Carner(イギリス)、CRUSH(韓国)、EPIK HIGH(韓国)、Moon(韓国)、チャン・ユンジュ & チュ・ユナ(韓国)、J N JOY 20(韓国)、Khruangbin(アメリカ)、LUCID FALL TRIO(韓国)

5月20日(日)
The Duke Ellington Orchestra(アメリカ)、Children of the Light(アメリカ)、Arturo Sandoval(アメリカ) & His All-Star Band、Jessie J(イギリス)、Branford Marsalis Quartet(アメリカ)、COMMON GROUND(韓国)、ユン・ソクチョル(韓国) Trio x Baek Yerin(韓国)、Mamas Gun(イギリス)、ロイ・キム(韓国)、NELL(韓国)、DAY6(韓国)、Heize(韓国)、Rhye(アメリカ)、hyukoh(韓国)、Kehlani with Marteen(ニュージーランド)、RICHARD PARKERS(韓国)、Koh Sangji_Tango x Jazz(韓国)、カン・イチェ(韓国)、PREP(イギリス)、2nd Moon with キム・ジュンス(韓国)

すでにブラインドチケットの販売もスタートしているようなので、ぜひ公式HPでチェックしてみてくださいね!

 

3|GRAND MINT FESTIVAL

2007年から毎年10月に開催されている音楽フェス。会場は、ソウルのジャズフェスティバルと同じオリンピックパークです。

 

2018年はBoA(ボア)Roy Kim(ロイ・キム)Epik High(エピック・ハイ)HEIZE(ヘイズ)Urban Zakapa(アーバン・ザカパ)など、日本でも人気のアーティストが出演。グリーンプラグドと比べると1段階知名度の高いアーティストが集まっているイメージです。

日本からは、NulbarichAwesome City Clubが出ています。どちらも2018年に武道館や大型フェスに出演している実力派アーティストです。

(引用:https://www.mintpaper.co.kr/gmf2018/lineup/)

開催までのスケジュールは下記の通りです(公式 HP参照)。2018年は10月20,21日開催で、今年も19,20日あたりになることが予想されます。

スケジュール
6月:開催発表
7月:チケット発売開始、LINE UP 第1弾発表
8月:LINE UP 第2弾発表
9月:LINE UP 第3弾発表
10月下旬:本番!!

韓国フェスの日程を予想してみた

今回ご紹介した3つのフェスを時系列にまとめると下記のようになります。

5月下旬:GREENPLUGGED FESTIVAL・ソウル / ソウル・ジャズフェスティバル

7月下旬:GREENPLUGGED FESTIVAL・トンへ

9月中旬:GREENPLUGGED FESTIVAL・キョンジュ

10月下旬:GRAND MINT FESTIVAL

ぜひ、気になるイベントは今のうちに手帳に書いておいてくださいね!

以上、オススメの韓国フェス紹介でした。

 

〜関連記事はこちら〜

韓国音楽の人気トレンドはこれで鷲掴み!韓国大衆音楽賞とは?!

2018.09.24

おすすめの韓国インディーズ音楽#6【CAR, THE GARDEN】一人の夜に聴きたいチルミュージック

2018.09.23



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1994年生まれ。Japanese Music Blogger & Writer | 東京で社会人をしながら世界の音楽スポットやインディーズ音楽巡りをテーマに旅してます。北陸→東京/音楽心理学/韓国が好きな上京OL/マレーシア留学/DIGLE MAGAZINE/異文化に触れるWebメディアFRON